MR関連

製薬会社のMRのやりがいとは?

投稿日:2019年3月8日 更新日:

やる気満々のビジネスマン

こんばんは。外資系MRのアスカです。

本日は、MRのやりがいについて書いていきたいと思います。

MRって結構やりがいを見失ってしまうことがあります。そんな時にこのページを見てもらえたらもう一度やる気になってもらえるような内容にしたいですね。

やりがいは患者さんのため

診察する医師

どのMRもここが原点だと思います。

もちろんこのためだけに働いているわけではないので、あくまで大前提として患者さんのためであるという意識はもっておくべきだと思います。

結局はどこの会社のMRも自社の医薬品を適切な患者さんに届けるために頑張っています。

ただ、結構ここをないがしろにしてやっているMRも多いので、迷った時はここに帰ってきるべきだと思っています。

MRは何年かに一度、ふと我に返る

これMRの方なら分かると思いますが、ふとした時に「あれ、俺何やってるんだろ。」と思うことがあります。

私も数年に一度この感覚が訪れます。

MRやってるとうつ病になる人も多いのですが、最近ではこの感覚がその一因ではないかと考察しています。

私も入社してすぐのころ配属された瞬間にこの感覚に陥りました。その瞬間は結構やばかったですね。

自分が自分でないような。

なぜ、ここにいるのか分からない。

みたいな、理由はよく分からないけれど、変な感覚でした。その時助けてくれたのは同期でした。

同期に電話して色々話をしたおかげでなんとか我を取り戻しました。

ここまでではないですが、2年ほど前にも似たような感覚がありました。

その時は、自分の仕事の経験から、自分がこの仕事をやる意味を見出すことができました。

自分がいなければ、この薬は患者さんに届かない

私はこういう考え方でやっています。

人によって考え方はさまざまで、いい給料がもらえるから、とか、出世したいから、とか、楽だから、とかの理由があると思います。

極論それでもいいと思います。

やりがいって、自分が迷った時の心のよりどころなので、それに頼ることでまた自分がやる気になれるなら問題ないと思います。

少々脱線しましたが、私は「自分がいなければ、この薬は患者さんに届かない」という意識でやっています。

というのも、ウチの会社でも数年に一度新薬が出るんですが、新薬が出たときって会社としては、結構盛り上がります。

ガイドラインなども絡んできて、いかに早く病院やクリニックに納入するかを競ったりすることもあります。

これはこれで大事です。

ただ、基本的に専門の先生方はよくご存知です。情報の早い先生は既に色んなことを知っています。

そうなると、MRの出番はかなり少なくなるケースもあります。

もちろん、適正な情報提供や情報収集が大事なので、色々と活動はしますが、個人的には、専門の先生だけではなく、非専門医の先生にどこまで適正な情報ができるかを大切にしています。

※非専門医と言っても、全然しらないわけではないですよ。たとえば消火器内科の先生でも食道専門、胃専門、大腸専門、膵臓専門、肝臓専門など色々ありますし、それぞれの臓器の中でも疾患によってさらに細かく分かれているケースもあります。

患者さんからすると、病院やクリニックに来院した時にその先生が専門か非専門かなど分かりません。

非専門医の先生でも、専門医の先生と同程度の薬の使い方をして頂けるように、色々と情報提供をすることが我々の仕事だと思っています。

そうすることで、どの患者さんにも標準的な治療を受けていただくことができます。

一番やりがいを感じるのは、やはり感謝された時

これはどのMRもある程度共通していると思います。

やはり医師から感謝された時、間接的に患者さんが喜んでいたという話を聞いたときは、この仕事やっていてよかったな。と感じます。

自分の情報提供が役立った瞬間は嬉しいですね。

そんな役立つ情報提供を続けていけるMRが本当に優秀なMRだと思います。

日々の仕事の中では、色々な業務や上司からの追求に追われてなかなかここに集中できていない部分もあると思いますが、改めて原点に立ち返って考えることも大事ですね。

私も今では、こういった考え方ができるようになりましたが、昔は全然こんな考え方にいたりませんでした。

この考え方が製薬会社のMRのやりがいに対する答えになっているのかどうか分かりません。

ただ、こういった考え方で仕事をすることで、私自身が自分の仕事に自身をもって仕事をできています。

仕事にやりがいを求めるというよりも、自分でやりがいを生み出すという感覚に近いのかもしれません。

今、MRという仕事のやりがいに迷っている人も、これからMRという仕事を視野に入れている人も、自分の経験から色々探してみたり、自分で見つけていくという考え方もあると思います。

私も今の考え方だけでなく、新しいやりがいを見つけるようにしてみたいと思います。

なんかあまりまとまってないですが、私も書いていてさらに前向きになれた気がします。

明日からも頑張ります!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-MR関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

製薬会社の開発品リストから見る将来性(ノバルティスファーマ)

こんばんは。外資系MRのアスカです。 昨日の記事の書き方が個人的に気に入ったので、この流れで定期的に各社のパイプラインも見ていきたいと思います。 本日は、世界第3位のノバルティスファーマについて書いて …

製薬会社の開発から見る将来性(アストラゼネカ)

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日も製薬会社のパイプラインから見る将来性について書いていきたいと思います。 本日はアストラゼネカについて書いていきたいと思います。 アストラゼネカはどんな会社な …

製薬会社のMRと時計

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRと時計について書いていきたいと思います。 製薬会社のMRは高級な時計をつけている人も多いですよね。 社会人になったら、高級時計の一つくらいは …

製薬会社のMRは本を読もう。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRは本を読もうというお話をしたいと思います。 皆さま、本読んでますか? 社会人の1日の平均の勉強時間は6分。 6分らしいですよ。 私もこれを聞 …

製薬会社のMRの他社との関係性

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、MR同士の関係性について書いていきたいと思います。 なるべく色々なパターンを書いていきますが、私の私見なので、そこはご了承ください。 どんな関係性が理想で …