MR関連

製薬会社のMRの特殊性

投稿日:

こんばんは。外資系MRのアスカです。

本日は、製薬会社のMRの特殊性について書いていきたいと思います。

MRも営業マンですが、他の営業マンとは色んな違いがあります。

MRは他の営業マンと比べて違いが多い。

これは、普通に仕事やってるとなかなか意識しない点ですが、考えてみると結構あります。

他の仕事と異なる点を上げてみると、

  • 価格交渉は一切しない
  • 顧客が専門家
  • 自分の商品を手にした・見た経験はほぼない
  • 新規開拓もほぼない

色々な業態の営業があると思いますが、製薬会社のMRはこの辺りが大きいのではないかと思います。

それぞれについて解説していきますね。

価格交渉は一切しない

これは、特殊な営業マンのポイントだと思います。

価格交渉は、一切しません。

医薬品というのは、国によって薬価というものが、決められます。

これも既に珍しいですよね。

多くのメーカーは、自社で製品価格を決めている会社が多いと思いますが、製薬企業は、国が製品価格を決めます。

製薬会社は、その価格は一切操作できません。

なので、我々MRというのは、基本的に製品の価格に関しては、値下げ等一切関わりません。

細かいことを言うと、医薬品の卸の会社もあるので、医薬品は、製薬会社⇒卸⇒病院の流れで運ばれていきます。

この2段階の間に、価格の交渉はあります。

ただ、そこは基本的に専門の部隊がやるので、我々MRはノータッチです。

これに関しては、当たり前だと思います。

生命関連製品を価格を自由に変えられては困りますよね。

まあ海外ではそんなこともあるようですが、日本ではそういったところも、きっちり管理されている状況です。

顧客が専門家

これも特殊な業界だと思います。

営業マンって業種によっては、営業マンが素人に色々説明して商品を買ってもらうケースが多いと思います。

ただ、製薬会社のMRに関しては、自社医薬品に関しては、MRのほうが詳しいですが、それ以外は圧倒的に医師の方が詳しいです。

もちろんMRも色々勉強して、頑張りますが、どうやっても敵わないです。

そうなると、専門家に商品を売るわけなので、かなり大変です。

ただ、我々が提供するのは、あくまで情報なので、無理に使ってもらうようなものではありません。

いかに安全に適正に効果を実感してもらうか、というのが我々の仕事です。

自分の製品を触ったり、見たりすることはほぼない

これも結構特殊だと思います。

営業マンの肩であれば分かると思いますが、商品を売るためには、ある程度自社製品に対する愛みたいなものは必要です。

モノに対する愛というのは、実際に商品に触れているほうが愛せますよね。

ただ、医薬品の場合は基本的には、写真くらいしか見ません。

製剤見本はある薬品もあるのですが、そんなに自由に使えるわけではありません。

これもこの業界の特徴ですね。

新規開拓もほぼない

これもルート営業と呼ばれる業種は同じだと思いますが、MRもそうです。

基本的に営業に行く病院は決まっています。

そうなると、ほぼ新規開拓はありません。

たまに、新しいクリニックなど開業すると、そういったところは新規開拓になりますが、そんなに新規開業はありません。

色んな営業マンの話を聞くと、飛び込み営業など、とても大変そうですが、この業界ではほとんどありません。

製薬会社のMRは特殊な営業

今まで紹介してきたとおり、製薬会社のMRはとても特殊な営業です。

MR認定試験などもあるので、一応資格を持って仕事をしているのですが、MRから他の営業への転職などは、色んな意味で厳しい部分が多いと思います。

そのため、新卒でMRという仕事を始めた場合、他の営業はなかなか大変だと思います。

これが、MRの転職は業界内をウロウロしている人が多いですね。

MRは給与面からみてもかなり恵まれている仕事です。

ただ、その特殊性ゆえに一度足を踏み入れてしまうと、なかなか他にいくことは難しいところもあります。

もし、今後この業界を考えている人がいれば、この部分はある程度意識してもらえたらと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-MR関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

製薬会社のMRは、情報戦だ!情報を使いこなせ。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRにおいて、いかに情報が大事かということについて書いていきたいと思います。 情報戦、制してますか? MRは情報戦をいかに制するかが大切。 これ …

製薬会社のMRが2500人減!MRの数はこのまま減り続けるのか?

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRが毎年減っているというニュースを元に、今後のMRの数の推移を予想していきたいと思います。 このままMRの数は減り続けていくのでしょうか。 2 …

製薬会社の将来性の見方(パイプラインから見る将来性)

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社の将来性の見方について、書いていきたいと思います。 色々な側面からの見方があると思いますが、今回はオープンにされている資料からのパイプラインの読み …

本当に必要なの?外資系MRが語る製薬会社のMRの英語の必要性。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、MRに英語は必要なのか、という点について書いていきます。 ちなみに私は外資系に勤務していますが、今のところ英語は喋れません。 現場のMRの仕事に英語は必要 …

製薬会社のMRはこうやってアポイントを取れ!これからはアポイント面会の時代だ。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRのアポイントの取り方について紹介したいと思います。 アポイント取って、面会してますか。 医師との面会方法の変化 ひと昔前は、医師との面会はア …