MR関連

製薬会社のMRが転職を考え始めた時にすること。

投稿日:2019年6月9日 更新日:

こんばんは。外資系MRのアスカです。

本日は、製薬会社のMRが転職を考え始めた時にすることについて紹介していきたいと思います。

MRという仕事は転職抜きでは語れない仕事です。

製薬会社のMRはどんな時に転職しようと思うのか。

これは人によって結構違うと思います。

大きく分けると、ネガティブな理由とポジティブな理由があります。

ネガティブな理由としては、人間関係や会社の考え方に対する嫌気、MRに対する嫌気などがあります。

ポジティブな理由としては、より専門性の高い領域への挑戦やステップアップのためなどがあります。

転職する理由としては、もちろんポジティブな方がいいに決まっていますが、世の中はそんなに綺麗ごとばかりではありません。

誰しもネガティブなこともあるし、ポジティブになることもあります。

ただ一つ言えるのは、ネガティブな理由での転職は成功しないと思います。

転職したい会社に対して、「人間関係が、、」とか「会社の風土が、、」とかネガティブなことを言っても、誰もそんな人を自分の会社に欲しいとは思いません。

なので、ブラック会社で劣悪な環境でない限りは、まずそこで踏ん張ることもおススメします。

私も一度会社をネガティブな理由で会社を辞めかけたこともありますが、今考えると、思いとどまってよかったなと思います。

転職する時期としては、やはりその会社でしっかりと成績を出してからがいいですね!

転職を考え始めた時にすること



まずはいろいろな転職サイトに登録することをおススメします。

ビズリーチ、MRBiz、JACリクルートメント、Dodaなど、大手の転職サイトに登録しておいて間違いないと思います。

たまに、社内紹介などもあって、噂では社内紹介制度の方が入りやすいなどの話もありますが、その真偽は誰にも分かりません。

どちらにしても転職サイトには登録しておいた方がいいです。

色々な会社の状況等も把握している人も多いので、かなり転職市場のことが分かります。

結構エージェントによってレベルの違いはあるので、そこはご自身で判断してもらえたらと思います。

ゴリゴリ転職を勧めてくる人もいれば、あまり連絡してこない人もいます。

個人的には、仕事からプライベートも含め、きっちりと本人の現状を聞いたうえで、最適な転職先を提案してくれる人がいいと思っています。

自分の経歴をたな卸ししておく。

転職の際は、職務経歴書が必要になります。

これは、今までの自分の経歴や、仕事の内容、実績、自己アピールなど、色々なことを記載する必要があります。

これって、意外とすぐには書けないですよね。

事実ベースですぐにかけるところもありますが、自己アピールなどは、書き方次第で、相手への伝わり方が全然違ってきます。

ここは、国語力というか伝え方として、かなり重要になります。

ただ、社会人になると、これは誰にもチェックしてもらえるものではありませんよね。

そういう意味でも、優秀な転職エージェントはここもしっかり見てくれます。

彼らは転職のプロなので、見てもらって確認してもらう方が絶対にいいと思います。

自分の仕事から自己PRをする上で、自分が困難にぶつかって乗り越えたことや、苦労したこと、うまくいったこと、他のMRより優秀な部分などをエピソードを踏まえて、記載することが重要になります。

これって慣れないと意外と難しいことです。

ただ単に記載するだけならできるかもしれませんが、人に見てもらったり、話を聞いてもらったりすると、自分では思いもよらなかった強みが見つかるかもしれません。

転職は自分の人生を左右する大きなポイントです。

是非、使えるものは惜しまず使いましょうね!

家族と話し合っておく。

これも重要ですね。

転職となれば、家族との話し合いは必須です。

家族がいれば、転居や転校を伴う可能性もあります。

どうなるか分からないにしても家族には、その可能性があること、その理由などもきっちり伝えておき、理解してもらう必要があります。

私が聞いたことのあるケースでは、転職が決まってから家族にその話をして、奥さんと大喧嘩になったと聞いたこともあります。

転職は、家族にとっても影響があることです。

家族の理解も得られるように、しっかりと話し合いをしておきましょうね。

各社の状況を調べる。



転職会社に登録して、自分の経歴をたな卸しして、家族の理解が得られたら、あとは、転職に向けて動くだけです。

転職に際して、何を重要視するかなどの、優先順位をつけておく必要があります。

ここは、転職の際に何か迷ったときの判断材料になりますので、是非、意識しておくことが大切だと思います。

ここまで来たら、あとは各社の状況を調べていくことがポイントになります。

主に調べるのは、パイプラインと福利厚生になるかと思います。もちろん、会社の雰囲気なども気になりますが、それはネットや社員に聞いても、主観が入るので、あまり当てにはできません。参考程度に留めておきましょう。

福利厚生に関しても、社員に聞くのが一番ですが、あまり把握していない人もいるので、ここは転職エージェントなどに聞くのが、一番確実かなと思います。

また、パイプラインですが、ここが一番将来性を見やすいです。その会社の勢いも分かるので、ここを分析するのが一番確実なポイントですね。

各社のHPにも必ずパイプラインは載ってますし、学会情報まで探りにいけば、かなり詳細に分析できます。

ここは慣れが必要ですが、転職を成功させたいなら、拘ってもいいのかなと思います。

あまり期待しすぎない。



自分の条件に合う会社があったとしても、そこに必ず受かるわけではありません。

ジョブホッパーと呼ばれる人でも、何度も面接で落ちているらしいです。これは私も聞いてみると衝撃でした。

転職に慣れている人でも面接に落ちるので、あまり期待しすぎない方がいいと思います。

本当にいい条件の会社に必ず入れるとは限らないので、色々な可能性を考えておくことは大切です。

それでも、転職はできるだけよいところにいきたいと思うので、多くの人の転職が成功することを祈っています。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-MR関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

MR不要論の再燃!コロナショックでMRのあり方が問われる。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、コロナウィルスの大流行でささやかれるMRの不要論に関して、記事を書いていきたいと思います。 個人的な感想としてコロナウィルスがここまで流行るとは思っていま …

製薬会社のMRは本を読もう。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRは本を読もうというお話をしたいと思います。 皆さま、本読んでますか? 社会人の1日の平均の勉強時間は6分。 6分らしいですよ。 私もこれを聞 …

製薬会社のMRの転勤

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRの転勤事情について書いていきます。 MRは全国転勤が当たり前というイメージがありますよね。 全国転勤を覚悟しておく必要はある。 会社によって …

製薬会社のMRが登録すべき転職サイト5選!ここは登録しましょう!

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRが登録しておくべき転職サイトについて御紹介します。 もし、まだ登録していないサイトがあれば登録しておきましょう! 製薬会社のMRが登録すべき …

製薬会社のMRは、情報戦だ!情報を使いこなせ。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRにおいて、いかに情報が大事かということについて書いていきたいと思います。 情報戦、制してますか? MRは情報戦をいかに制するかが大切。 これ …