MR関連

製薬会社のMRのキャリアプランの描き方

投稿日:2019年6月15日 更新日:

こんばんは。外資系MRのアスカです。

本日は、製薬会社のMRのキャリアプランの描き方について書いていきたいと思います。

キャリアプランは描けていますか?

キャリアプランの描き方は大きく3つ。

これは、私が以前紹介したVoicyというアプリのパーソナリティであるmotoさんという方のラジオを聴いて、「なるほどなー」と思わされた内容です。

motoさんはラジオの中では、一般的な話でしたが、私は製薬業界で話をしていきたいと思います。

キャリアの描き方は大きく3つ。

  • 1つの会社で、順調に出世して重役になるパターン
  • MRとして転職を前提に業界内でステップアップするパターン
  • 営業として、転職で色々な業界にいくパターン

キャリアの描き方は人それぞれです。正解はありませんが、色々なパターンがありますので少しでも参考になればと思います。

これ以外にもフリーランスや企業するという手もありますが、今回はあくまでもサラリーマンとしてのキャリアアップについて紹介していきます。

1つの会社で、順調に出世して重役になるパターン

これは日本の伝統的な出世の仕方ですね。

新卒で入社した会社で、順調に出世して上り詰めていくパターンです。

製薬会社でもこれはありますね。MRとして入社した人が、所長、支店長、統括部長など、どんどんと出世して最終的に社長になるようなパターンも聞いたことがあります。

もちろん多くの人がこの道のりを目指していると思いますが、実際に上り詰めることができるのは、ごく一部の人です。

チャンスは誰にでもあると思いますが、実力だけでなく運も必要になります。

人によって価値観は違うので、社長に上り詰めることが成功とは限りませんからね。

個人的にはここを目指して、支店長や統括部長になるだけでも素晴らしいことだと思います。

ただ、自分がどうなりたいかというのは、キャリアプランを考える上で、意識しておく必要はあります。

MRとして、業界内で転職を前提として、ステップアップするパターン

これは、業界によってやり方は少し違うと思いますが、MRとして考えていきます。

MRというのは、他業界に比べると、転職に対するハードルは低い方だと思います。

大きな会社であれば、転職者もかなり多いはずです。

そういった意味でも、手っ取り早く年収を上げたいのであれば、どんどん転職していくのも一つの手です。

ただ、あまり転職した会社が多くのなると、いいイメージをもたれない会社も増えてくるので、安易に転職することは避けたほうがいいです。

とは言え、MRの業界もかなり求人自体が減っています。一時期と比べると、新卒入社の数はかなり減っていると思います。

それでも、しっかりした実績と仕事に対する考え方を持っていれば、市場価値は上がってきます。

MRとして考えるなら、領域別で転職の軸をずらしながらうまく活動することをおススメします。

少し前は、オンコロジーが主流でしたが、最近は希少疾患・バイオ系の領域が流行っていますね。

プライマリーはかなり厳しい時代になっていますが、そこは自分のスキルをしっかりとたな卸しして、うまく他の領域で活かせることを説明できれば、かなり強いです。

ただ、会社によっては、オンコロジー経験者や希少疾患経験者のみを募集しているところもあります。

特に今後新しく立ち上がってくる会社などは、立ち上げに未経験者は使いませんので、今のうちに専門領域を経験しておくことをおススメします。

そうすることで、いろいろな領域の経験は、市場価値を上げてくれますし、転職前提で働くことで、どういうスキルの伸ばすことが役立つのかを把握することもできます。

これからMRを目指す人や若い人はここを考えて、今のうちから色々情報収集したり、スキルを磨いておくことが大切です。

営業として、転職で色々な業界にいくパターン

MRというのは、その仕事の特殊性ゆえに、他の営業としては通用しないというような話を聞くこともありますが、私はそうは思いません。

業界や年齢によっては、厳しい会社もあるかもしれませんが、基本的な考え方はそこまで変わらないと思います。

業界を変えると、色々と大変なことも多くなると思いますが、そこは頑張って乗り切るしかないです。

個人的には、せっかく製薬業界を経験しているので、全く関係ない業界にいくのではなく、医療関係の営業がおススメです。

転職エージェントと話していると、MR⇒医療機器の営業が多いようですが、私は今後はIT×医療がかなり発達してくると思っているので、そういった会社にいくことで、経験を活かしながらITに詳しくなって、さらにその経験を活かして転職もありかと思います。

こういった形で自分の経験を元に、少しずつ軸をずらして転職するという考え方はmotoさんのVoicyから学びました。

私は、状況的になかなか自分でこういった業界の転職は難しそうなのですが、とても興味はあるので、情報収集は継続していく予定です。

キャリアプランは人それぞれ



キャリアプランは人それぞれだと思いますので、今回の内容は、参考までにということですが、色々な可能性があるというのは、知っておいてもいいのではないかと思います。

入社時は、同じ会社で出生していこうと思っていても、仕事をしているとだんだんと方向性を変えることも全然ありだと思います。

また、今回はMRや営業マンとしての転職について書きましたが、製薬会社にはそれ以外にもたくさんの仕事があります。

今は多くの人がMRとして働いていますが、今後はMRも数が減ってくるので、色々な働き方が求められてきます。

場合によっては、MR⇒IT×医療業界⇒製薬会社本社勤務といった方向性もあるかもしれません。

多様な仕事が求められる中で、世間的に転職というものに対するハードルは高い人は多いです。

個人的にはもっと転職が当たり前の時代が来ると思っています。

そんな波に乗り遅れないように、是非登録して情報だけとっておくのもアリですよ!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-MR関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

製薬会社のMRのスーツ(男性)

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRのスーツについて書いていきます。 私は男性なので、男性のスーツしか分かりませんが、それについて書いていきます。 製薬会社のMRのスーツは決ま …

製薬会社のMRは、情報戦だ!情報を使いこなせ。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRにおいて、いかに情報が大事かということについて書いていきたいと思います。 情報戦、制してますか? MRは情報戦をいかに制するかが大切。 これ …

製薬会社のMRとマイホームの購入について

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRは一軒家を購入することはできるのか、について書いていきたいと思います。 転勤があると、一軒家の購入ができるのかどうか気になりますよね。 製薬 …

製薬会社のMRの会議は長い!私が会議で意識しているルールはこれ!

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRの会議について書いていきたいと思います。MRの会議は長いです。 私は会議中に意識していることがあります。 基本的に会議は長い。 これを思って …

製薬会社はホワイト企業なのか?

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社というのはホワイト企業なのか。という点について書いていきます。 結構ブラック企業としてのイメージもあるかと思いますので、なるべくフラットに書いてい …