MRと上司 医療業界

製薬会社のMRの上司ガチャは運次第!大手~中堅の悩み。

投稿日:

こんばんは。外資系MRのアスカです。

本日は、会社に属していればよくある上司ガチャについて製薬会社の場合を紹介していきます。

現役の方はおそらく当たりも外れも経験されたことがあるのでは?

大手〜中堅の製薬会社では、上司は運次第。

これはどこの会社のMRでも感じていることではないでしょうか。

私も今までに数人の上司を経験していますし、自分が経験したことのない上司でも、色んな話しを聞きます。

基本的にどうやっても基本的に上司は選べません。

いい上司に恵まれれば、いい環境で仕事ができて、うまく評価されて、順調に出世していくこともできますが、外れの上司にあたると、何をやってもうまくいきませんし、上司も理解してくれず、どんどん仕事が面白くなくなっていきます。

私もどちらも経験あります。

どんな上司がいるのか?

これは結構人によって様々だと思いますが、私の経験や人から聞いた話で何人か代表的な上司をピックアップしていきます。

・自分の経験を押し付けてくる上司

・パワハラ系上司

・MRの気持ちを理解してない上司

・全部管理したい上司

・理想高すぎる上司

・意見コロコロ変える上司

書き出すとキリがないので、とりあえずこの辺りで少しずつ解説していきます。

自分の経験押し付けてくる上司

これはMRで結構バリバリやってた人に多い印象です。

もちろんMR時代は優秀で、自分の成績が良かったからその経験に基づいてアドバイスしてくれるのはいいんですが、それが誰にでも当てはまるわけではないということを理解してほしいですね。

これをする人は、こっちが自分の意見を言っても「俺がMRの時はこうやってうまくいったけどな!」みたいなことで、意見を潰してくる人がいます。

まあ、最近までMRやってた人なら分かりますけど、たまに明らかに時代が違うのにそれを言ってくる人がいますからね。

じゃあ、その方法でやってみろよ!って言いたくなりますね。

ハラスメント系上司

これはマジでヤバいです。

パワハラ、セクハラ、アルハラ、モラハラなど色んなパターンがあります。

最近はどこの会社も厳しくなっているので、大ごとにはなっていませんが、ちょいちょい噂は聞こえてきます。

これで本当にやばい時は自分を守るためにもマジで逃げ出した方がいいです。

MRの気持ちを理解していない上司

これは本当に分かってない人と、あえて厳しくしてる人がいると思います。

まあ、あえてやってるとしてももうちょっと表現の仕方は考えた方がいいと思う人も多いですがね。

マジで正論しか言ってこない人を見ると、この人には何言っても無駄だなと思わされます。

全部管理したい上司

これは気持ちが分からなくもないですが、自分がMRの時もそうされてたのかと疑問に思います。

正直、全部管理されるとMRは息がつまりますし、やりすぎるとうつみたいになって、やめちゃったりする人もいますよね。

もちろん自分のエリアとして、全て把握したいのは分かりますが、マネージャーというのは、MRのマネジメントも仕事なので、どうやってMRに動いてもらうかを考えてほしいですね。

個人的にはマネージャーの顧客はMRだと思っています。

理想高すぎる上司

これも管理したいタイプと同じで、プチ完璧主義みたいな人に多いイメージです。

理想的なMR像を押し付けてくるんですよね。

自分がMRの時に、そこまでできていたのかと問い詰めたくなる時もあります。

理想を高く持つのはとてもいいことだと思いますが、どうやってそれを叶えるかをもっとMRと話し合うべきだと思いますし、人によっては拒否反応を示す人もいると思います。

意見コロコロ変える上司

これはMRとしては、かなりやりにくいですよね。

どこで影響受けてきたのか、前と違うこと言う人がいます。

まあ、それが正しくないわけではないのですが、上司に判断をゆだねていると結構こういうケースもあるので、ある程度は自分で責任取る気持ちで仕事した方がいいかもしれませんね。

本当に色々な上司がいるので、それも一つの経験として、ある程度ネタ程度のつもりで仕事する方が気が楽になると思います。

ただ、本当にやばい人もいるかもしれないので、それだけは気をつけてくださいね。

折が合わない上司になった時

よい上司にあたったときは全く問題ないと思います。

やはり折が合わない上司にあたったあときが一番問題ですね。

折が合わないときは基本的にどうしようもないケースもあります。

ただ、MRというのは、転勤がある仕事です。そうなると、自分がいつか転勤になるかもしれないですし、場合によっては、上司が先に転勤になるケースもあります。

そう考えると、恐らく3年~5年の我慢です。

その間は修行だと思って頑張りましょう!

あまりにひどい場合は、転職も考えた方がいいかもしれませんね。

参考:製薬会社のMRが登録すべき転職サイト5選!!

とは言え、転職はエネルギーがいるものですし、今の会社で頑張りたいという人もいると思います。

私の経験から考える嫌な上司の対処法としては、

・まず自分の何がいけないのか考えてみる。

・自分の意見はしっかり述べる。

・何か聞かれる前に細かく報告する。

このあたりが大切かなと思います。

まず自分の何がいけないのか考えてみる。

これは、結構大切だと思います。

他のことでも共通することですが、相手に何かを求めても基本的には解決しません。

まずは、自分にも何か直すべきところがあると考え、そこを改める必要はあると思います。

もし、自分でも分からなければ、他の同僚に聞いてみるなど、まずは改善点を探るのが、自分の成長という意味でも一番いいです。

自分の意見はしっかり述べる。

場合によっては、上手く意思疎通が取れていない場合もあります。

最低限のコミュニケーションしかとっていないと、お互いの関係は悪くなるばかりです。

コミュニケーションはしっかりとりながら、自分の考えも伝えましょう。

何か聞かれる前に細かく報告する。

上司というのは、部下の状況を把握しておく必要があります。

ただ、上司も何人か部下を見ているので、全員に色々聞いていると、混同してしまったり、忘れてしまったりします。

そんな時に、自分から色々と報告してくる部下がいれば凄く助かると思います。

もちろん細かいことやちょっとした相談をしてくる方が、上司としても気持ちが入りますからね。

上司ガチャは逃れられないので、上手く立ち回ろう。

上司ガチャは、ある程度の規模の会社にいる限り免れることはできません。

恐らく数年MRをやっていると、色々な上司を経験すると思いますが、それぞれで上手く立ち回ることで自分が成長できますし、ゆくゆく自分が部下をもったときに、部下の気持ちを察してやることもできると思います。

上司ガチャから逃れるのをあきらめて、自分の成長や将来のために上手く活用していきましょう。

これからは定年も65歳や70歳になってくることを考えると、若いうちの数年間なんて大したことはありません。

楽しくMR生活を乗り切りましょう!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-MRと上司, 医療業界

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

各製薬会社の社長クラスの年頭所感で、2020年を占います。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、年始1発目なので、各社の年頭所感を見ていきたいと思います。 各社の社長クラスの方はどう2020年を見ているのでしょうか。 目次 国内の各製薬会社の年頭所感 …

製薬会社のMRって会社からのノルマがきつい?それ、誤解です。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRはノルマがきついといわれることがありますが、そこについて書いていきたいと思います。 製薬会社のノルマはきつくありませんよ。 目次 そもそもノ …

がん遺伝子パネル検査が保険適用に!時代が進歩している。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRらしく、ちょっとした業界ニュースについて紹介したいと思います。 がん遺伝子パネル検査ってご存知ですか? 目次 がん遺伝子パネル検査とは?がん …

Amazon Careがすごい!今後の医療はこうなっていくのか?

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、先日のミクスでも取り上げられていたAMAZON CAREについて書いていきたいと思います。 GAFAが医療にも参入してくる時代ですね。 目次 AMAZON …

医師と製薬会社のお金の関係は?癒着ってあるの?

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、医師と製薬会社の関係性に関して書いていきたいと思います。 癒着はないですが、ここは切っても切り離せない関係ですね。 目次 医師と製薬会社のお金の関係は?製 …