MR 医療業界

製薬会社のMR同士の繋がりはコロナ禍においても大切!

投稿日:

こんばんは。外資系MRのアスカです。

本日は、コロナ禍において感じたMR間の関係性について書いていきたいと思います。

コロナ禍では、他社MRと連絡とる機会がなかなかありませんよね。

製薬会社のMR同士の繋がりは大切!

これは結構賛否が分かれるところかもしれませんね。

コロナ関係なく、普段のMR活動においても人によって結構差が出るところだと思います。

製薬会社のMR同士の繋がりって、最低限で良いと思っている人と、結構たくさんコミュニケーションとる人がいますよね。

個人的には、結構コミュニケーションとりたいと思っているタイプです。

他社で担当している施設が被ってたら、基本的には頻繁に会うので、お互い認識はします。

もちろん施設へ入る時間が違ったり、ガチガチの競合だと情報交換しにくいですが、基本的には多くのMRと情報交換している方が便利だと思います。

どこまで詳しい情報を交換するかどうかは、人によって違いますが、最低でも先生の情報などは交換できるだけで結構助かります。

どんな情報を交換するのか?

では、他社メーカーとどんな情報を交換しているのか。ということですが、多岐に渡ります。

一番多いのは、今日先生がいるかどうか、今どこにいるか。などの情報交換が多いですね。

それ以外だと、講演会情報や説明会情報、先生の最近の処方状況や、施設の薬剤部の状況、他社製品の売り上げの情報など。です。

もちろんこの中の情報でも、会社によっては共有できないものもありますが、お互いに共有することで、少しでも状況をはっきりさせようとします。

基本的に、MRという仕事をしていると、ある施設に対して、様々なデータから患者数を予測し、それにあった自社製品の適切な売り上げを概算します。

そこで出てきた額と、実際の売り上げに差があると、その状況の説明責任は出てきます。

もちろん悪い意味ではなく、しっかり状況を把握して、適切な情報提供をするために必要な情報です。

ただ、これってかなり難しいんですよね。

実際に数字がぴったり合うことなんてまずありません。

けれど、最低でも辻褄が合うような状況把握をしておく必要はあります。

MRも営業マンなので、数字との戦いはあります。建前だけでは、やって行けません。

そのために、自分のエリアの数字をしっかりと把握することは大切です。

その情報源は、自分の足で色々調べることも大事ですが、他社とうまく情報交換することで効率的に情報を集めることができますね。

他社MRと仲良くなれば、他にもいろんな情報を入手できます。

個人的には、これを上手く使わない手はないと思っています。

もちろん注意も必要です。。

情報交換はもちろん注意も必要です。

いくら信用できる相手とは言っても人間なので、間違いはあります。

また、そこまで仲良くないメーカーだと、適当なことを言っているケースもあります。

そこだけは気をつけた方が良いところです。

嘘をつくような人は見たことはないですが、あまり裏どりをせずに、さも当然かのような話をしてくるメーカーさんは経験があります。

噂好きなメーカーさんも多いので、ここは自分で正しい情報を見極めてもらえたらと思います。

コロナでも顕著に現れている。

この他社メーカーとの情報交換は、コロナ禍でも活きています。

コロナ禍で、6月以降は少しずつ訪問制限が緩くなってきた会社や病院も増えてきています。

その中で、メーカーとしては、電話をしないと他社メーカーと連絡を取る手段はありません。

社内の人間と喋っていても、自分の施設の情報はわからないので、他社メーカーとの情報交換が意外と役立ちます。

もちろん卸とかに聞けば、ある程度のことはわかりますが、大きな病院の医師の状況は、把握できません。

私も何社か連絡を取りましたが、久々に連絡するので、お互い探り合いみたいな感じもありましたね。

その中での話題は、最近の活動状況は?、Web面談はやっているか?、Web面談の反応は?などでした。

こういった形で、情報を共有することで、うまく活動してゆくことが今後につながってくると思われます。

他社メーカー全員と仲良くなる?

これは物理的に不可能ですよね。

基本的には、同じ診療科をターゲットにしているメーカーで、競合他社でないメーカーさんが良いと思います。

とは言っても、無理に仲良くなる必要はないです。

ある程度喋ってみて、人の良さそうな人で、お互いに有益な情報を交換できそうであれば、名刺交換するくらいですね。

ただ、コロナウィルスの影響で、今後は病院で立ち待ちをするケースはかなり減ってくると思いますので、メーカーさんを見つけたら気軽に喋りかけるくらいで良いのかなと思います。

中には、すぐに心を開いてくれない人や、やたら睨んでくるような人もいますが、正直もったいないですよね。

私の経験から言えば、意外とフレンドリーな人も多いです。

気軽な感じで、下手に話しかけてみれば、結構話をしてくれるはずです。

アポイントなどの待ち時間に携帯ばかりいじるのも時間がもったいないので、せっかくならどこかのメーカーに話かけてみるのも良いかもしれませんね。

お互い効率的に仕事しましょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-MR, 医療業界

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

これからMRになる君たちへ。(MR1年目、内定者向け)

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社の1年目や現在大学生のMRに内定している方向けに自分の経験から記事を書いてみたいと思います。 私も入社してから10年ほど経ちましたので、その学びや …

各製薬会社の社長クラスの年頭所感で、2020年を占います。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、年始1発目なので、各社の年頭所感を見ていきたいと思います。 各社の社長クラスの方はどう2020年を見ているのでしょうか。 国内の各製薬会社の年頭所感を読み …

インターンシップって意味あるの?製薬会社のMRになるために。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のインターンシップについて書いていきたいと思います。 結構インターンシップやってる会社増えてますよね。 インターンシップは意味あるの? 皆様、イン …

ミクスの緊急意識調査!なんと6割のMRが「将来に不安」!

こんばんは。外資系MRのアスカです。 この記事を見て不安に思われた方は多いのではないでしょうか。 漠然とした不安が明確になった感じですよね。 販売情報提供活動ガイドラインによる活動萎縮が6割。 ミクス …

コロナウィルス対策してますか?製薬会社の各社対応は?

こんばんは。外資系MRのアスカです。 連日、世間を騒がせているコロナウィルスですが、皆様どう感じていらっしゃるでしょうか? 私も個人的に色々思うところもあり、今回記事にしてみました。 そもそもコロナウ …