ビジネス

新しいことに挑戦するときは、失敗もつきものである。

投稿日:

こんばんは。外資系MRのアスカです。

本日は、ZOZOTOWNの前澤さんがTwitterに戻ってこられたので、そのあたりについて話をしてみたいと思います。

皆さん、前澤さんはご存知ですよね。

前澤さんTwitter再開



これはTwitterをされている方であれば知っている人も多いのではないでしょうか。

まあ、今やTwitterのアカウント数は4500万人ですから、ほとんどの日本人がやっていますよね。

その中でアクティブユーザーがどのくらいいるのかは怪しいところもありますが、、

先日、ZOZOTOWNの前澤さんがTwitterを再開されました。

元々、2月の頭に、「しばらく本業に専念します。」ということでTwitterはお休みに入っていました。

そして、2ヶ月経って戻ってこられたようですが、ある程度一段落したみたいですね。

少し、状況についてまとめてみたいと思います。

ZOZO離れの波がきていた。



今、ブランドのZOZO離れが進んでいるようです。

大きな1打となったのは、2つあり、「ユナイテッドアローズの脱退」「ZOZOアリガトウサービスに対する不満」のようです。

ユナイテッドアローズは誰もが知る大手セレクトショップですが、ZOZOTOWNが発足当初からずっと一緒にやってきた会社で、売り上げとしてもアパレル事業としては、6割を占めるような会社だったようで、これはZOZOにとってはかなりの痛手だったようです。

出店を完全にやめるわけではないようですが、基本的には撤退するようです。

また、ZOZOアリガトウサービスですが、これはZOZOTOWNが新規の会員を増やすために行ったサービスです。

既存顧客に関しては、10%OFF、新規顧客は期間限定で30%OFFといったサービスでした。

これは2018年の12月25日からスタートしたサービスですが、ここに不満がたまっているようです。

割引のお金を負担するのはZOZOがするということですが、堂々と割引をしているので、ブランドに対するイメージが悪いというような意見も出ていたようですね。

その流れで、撤退するブランドも増えてきたようで、色々なブランドからの不信感みたいなものが募っているようですね。

Twitterでのクライアントを敵に回すような発言もあったようです。

新しいことを始めるのに、失敗はつきもの

今回の前澤さんの件を、失敗というわけではありませんが、うまくいかなかったところもあるような感じだと思います。

個人的には、前澤さんを応援しています。

あの若さであれだけ成功している人はすごいと思いますし、どんどん新しいことに挑戦する姿勢や、人間らしいところもあって、好感を持っています。

まあ、本当にどんな方なのかは知りませんが。

それはさておき、基本的に、何か新しいことを始めるときは、成功するか失敗するか分かりません。

もちろんある程度成功する見込みがあってのビジネスですが、失敗する方が断然多いはずです。

なので失敗して当然です。

失敗を恐れて、挑戦しないことが最も愚かだと思います。

挑戦して失敗したとしても、そこからまた成長していけばいいんです。

私も今年は色々なことに挑戦していますが、全然上手くいってないようなこともあります。

何もしないことの方がリスク



動かないことの方がリスクだと思います。

もちろん新しいことを始めるのは、リスクですし、労力もかかります。

しかし、何もしないとただただ時間を無駄に過ごしていくだけです。

今会社に勤めている人もそうだと思います。

ただ、何も考えずにサラリーマンをやるよりも、何か新しいことに挑戦しながらサラリーマンをやる方が良いと思います。

できれば、社外のことをするほうがよいと思いますが、いきなりぜんぜん違うことをするのは、大変なので、仕事の延長戦上や、仕事に役立ちそうな何かを始めるのがよいと思います。

これから先は、AIの進化やIoTの発達で、どんどんと仕事が奪われていく時代です。

あなたは今やっている仕事がなくなったとき、どうしますか?

何か別のことをやるにしても、仕事がなくなってから考えるのではなく、今のうちから自分のできることを増やして、市場価値をあげておく必要はあると思います。

何でも挑戦できる時代



今は、インターネットが発達しているので、自分次第で何でも情報を得ることができる時代です。

そんな時代だからこそ明日から自分の仕事がなくなったときどうするのかを考えておかないと困る時代です。

MRの話に戻ると、MRもこれからは減ってくる仕事です。

まさに今各社早期退職を募っている時代です。

その中で生き残る優秀なMRになるか、何か別のことをして生きていくのか。

これはいつか岐路に立たされるときが来ると思います。

生き残る自身があるのであれば、そのまま頑張るのもありですが、不安があるのであれば、勉強だけ続けておいたほうがよいと思います。

そもそも優秀なMRの基準は何かという話もあります。

是非、このブログを呼んでいる方は研鑽を続けてもらえたらと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

クラウドファンディングって、知ってますか?

こんばんば。外資系MRのアスカです。 本日は、最近ハマっているクラウドファンディングについて書いていきたいと思います。 クラウドファンディングって、ご存知ですか。 クラウドファンディングとは? クラウ …

人の成功例から学ぶ姿勢

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、人の成功例を聞いたときの明暗が分かれるポイントについて私の考え方を書いていきます。 何かもって帰ろうとする人は伸びる。 この姿勢は大事ですよね。 どんな成 …

周りの目を気にしすぎない。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は周りの目を気にしすぎないということについて書いていきたいと思います。 これって誰でもあることですよね。私もあります。 なぜ周りの目を気にするのか。 なぜ、人 …

発想の転換は大事ですね。

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、発想の転換について書いていきたいと思います。 最近これって大事だな。ということがありました。 見方を変える。 この考え方って大事ですよね。 結構ネガティブ …

これからMRになる君たちへ。(MR1年目、内定者向け)

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社の1年目や現在大学生のMRに内定している方向けに自分の経験から記事を書いてみたいと思います。 私も入社してから10年ほど経ちましたので、その学びや …