MR関連 その他

意識が高いMRと意識が低いMRでは、今後は何が変わってくる?

投稿日:2019年8月7日 更新日:

こんばんは。外資系MRのアスカです。

本日は、製薬会社のMRの中でも意識の高い人もいれば、意識の低い人もいると思うので、そこについて書いていきたいと思います。

皆さん、意識高い系ですか?意識低い系ですか?

意識高い系MRと意識低い系MRでは、今後何が変わってくるのか?

私がこのテーマで記事を書いてみようと思ったのは、Twitterを見てると、どちらのタイプもいると思ったからです。

まあ、当然といえば、当然の話なんですが、どっちの立場も間違っていないと思いますし、どちらが正解というわけではないと思います。

製薬会社のMRという仕事自体が、色々と難しい局面に立たされていることも影響していると思います。

昔からある職業の一つではありますが、数年後には、かなり削減されている仕事であることも予想されています。

私の肌感覚ですが、この意識高い系のMRというのは、最近の20代~30代前半に多い印象です。

意識が低いMRというのは、年代限らず結構いる印象です。

なぜこんなにも意識の差が生まれるのか?

これは、MRに限らずどこの会社でも起こりうる現象だと思います。

入社したころは、比較的意識の高い人も多く、「どんどん結果出して、どんどん出世してやろう!」と意気込んでいる人も結構いました。

入社して色々頑張ってみたものの、あまり結果が出ず腐ってしまう人や、そこそこ結果は出ているものの、社内で思い通りに振舞えず、出世できないままずるずるなってしまう人、MRという仕事の意味を感じなくなって、やめてしまう人など。

理由は色々ありますが、その意識の高い期間を継続することが難しいのだと思います。

そうすると、元々意識が高かった人でも、結局意識の高さを維持できず、日々を過ごしている状況になってしまいます。

元々意識の高い人が残っている業界ではない。

先ほどもあったように、入社したての頃は、結構意識の高い人も多いです。

そこそこ給料もいいので、そこに引き寄せられて集まってくる学生もよく聞きます。

ところが入社して、現実を知った意識高い人達はどんどん辞めていったり、転職したりすることが多いんですよね。

元々転職が多い業界なので、入社してから3年~5年で2,3割は転職してます。

また、MRという仕事の特殊性もあって、正直ある程度さぼっていたとしても、そこそこ給料をもらえます。ネットなどで検索すると、駐車場で寝ていたり、漫画喫茶で時間をつぶしていたり、とさぼろうと思えばいくらでもさぼれます。

そして、薬というのは生命関連製品なので、ある意味放っておいても売れます。

これが悪循環を生むシステムです。

私は今の会社では、あまりさぼっている話は聞かないですが、転職組の人からは結構そういう話を聞きます。

そして、最近の訪問規制の強化や、情報提供ガイドラインなどで、さらにそういう状況をあおっている気もします。

今後はやはりMRも淘汰されてくる。

意識が高くても低くても仕事はやらないといけないこともありますし、特に回りに迷惑をかけていなければ、正直どっちでもいいと思います。

マネージャークラスになると、そこを意識して色々と動かないといけないのかもしれませんが。

ただ、今後MRはどんどん減ってくると思いますし、さぼっていたり、ちゃんと仕事をしていないMRは真っ先に淘汰されるはずです。

意識が高いMRが色々と関心を持っていて、業界外にも目が向いているのであれば、上手く生き残っていけると思いますし、意識が低いMRが何もせずただただ日々を過ごしているのであれば、淘汰されるかもしれません。

別にどちらがいいとは思いませんが、人数が減ってくるMRという仕事を続けていきたいのか、それとも転職して別の仕事をするのか。という点に関しては、考えておいたほうがいいと思います。

これだけ給与や手当てのよい業界から見放された時に、拾ってくれる会社があるか分かりませんし、拾ってくれたとしても確実に年収は下がります。

もちろん「なんとかなる」とは思いますが、自分がどうしたいかが大切だと思います。

私は、上手く生き残っていきたいので、頑張ろうと思っていますが、どうなるか分かりません。

少なくとも「意識高い系」と「意識低い系」で、そんなに大きな差はないかと思います。

ちなみに、「意識高い系」というのは、Wikiによると、自分を過剰に演出する中身が伴っていない人らしいので、MRには多い傾向だと思います。

中身の伴った「意識の高い」社会人になりたいですね。

今後を生き残っていくためにおススメは副業

最後に今後生き残っていくために、一つの仕事に頼らないというのは、とても大切だと思います。

そのために最近騒がれている副業。

私も色々と勉強していますが、インターネットには色々と副業の方法が転がっています。

もちろん自己責任にはなりますが、今は副業禁止のところも多いので、今のうちに色々と勉強だけでもしておいた方がいいと思います。

最近おススメの本は、今週発売のこの本です。

motoさんというTwiiterで活躍されている方なのですが、確か32歳で、年収1000万越え+副業年収4000万という方です。

ちょっと特殊な感じもしますが、これからの時代のサラリーマンのロールモデルみたいな人だと思います。

私もまだ読めてませんが、おススメの1冊です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-MR関連, その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

製薬会社の外資系と内資系の違いは?

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、外資系と内資系の違いについて書いていきたいと思います。 MRという仕事については、別の記事で書いていますので、そちらをご参照ください。 参照:MRの仕事と …

製薬会社のMRはホスピタリティを磨け

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、製薬会社のMRはホスピタリティが重要であるということを書いていきます。 これはMRに限らず、色んな人に求められることだと思います。 「ホスピタリティ」とは …

製薬会社のMRのカバン事情

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は製薬会社のMRのカバン事情について書いていきたいと思います。 最近は結構色んなタイプのカバン持ってるMRが多いですね。 製薬会社のMRのカバンのタイプは主に …

製薬会社のMRはモテる?

こんばんは。外資系MRのアスカです。 今日は、製薬会社のMRはモテるのかということについて書いていきたいと思います。 製薬会社のMRはモテます。 結論から先に言いますと、製薬会社のMRはもてます。 理 …

体調管理には気をつけよう。身体は資本です!

こんばんは。外資系MRのアスカです。 本日は、体調管理の重要性に関して、書いていきたいと思います。 体調管理のために何かしてますか。 体調管理が一番大事。 何をするにも身体が資本ですからね! まずは日 …